フロアコーティングで綺麗な床にする【ピカピカハウス改革】

作業員

床をコーティングで守る

床

フロアコーティングは、専門業者に依頼をすることで行なってもらうことが出来るのですがまずは見積を依頼しましょう。依頼場所によっては高額請求されることもあるので、事前に料金を知っておくことでトラブル回避にも繋がります。

Read More...

いつでも依頼が可能

作業員

スイッチは火災の原因にもなるため常にチェックしておく必要があり、少しでも不安な場合は専門業者に修理を依頼すると良いです。また、専門業者によっては24時間依頼できる場所もあるので時間を気にせず気軽に依頼することが可能です。

Read More...

窓ガラスを変える

床

窓ガラスは寒い日、閉めておくことで外気が入りにくくなりますがそれでも完全にシャットダウンすることは出来ません。しかし、窓ガラスコーティングをすることで寒さを防ぐことが出来るでしょう。

Read More...

見た目を綺麗にする

プロによって丁寧に作業を進めてくれます。フロアコーティングを依頼するならこちら。信頼できる業者が紹介されていますよ。

フロアコーティングをするとワックスがけの必要が無くなります

作業員

フロアコーティングをするとワックスがけの必要が無くなります。 ワックスがけは、半年に1度は行う必要があり、その度に家具等を移動させながらワックスを塗っていきますから、1日がかりの仕事になります。 その上、ワックスがけは数回塗り重ねる必要があり、素人の私たちがやると、どうしてもワックスのムラができたりするのです。 そこへ行くと、フロアコーティングを施しておけば、このような大変な作業をおおよそ10年間はしなくても良いことになるのです。

コーティング剤の種類によって価格が異なる

フロアコーティングに用いるコーティング剤には、ウレタン系ですとか、シリコン系、さらにはガラス系等いろいろな種類があります。 そして、コーティング剤の材質により耐久性が異なるのです。ちなみに、耐久性に関する一般的な話ですが、ウレタン系が一番低く、シリコン系、ガラス系の順に高くなっていきます。 価格については、ガラス系が一番高く、シリコン系、ウレタン系の順に安くなります。要するに、コーティング剤の種類によって価格が異なっているのです。 ですから、どのコーティング剤を使ってフロアコーティングをするのか、十分に検討してみる必要があります。 また、施工する業者によっても価格は異なっていますから、インターネットを使って事前に価格を調べておくと良いでしょう。フロアのみならず、コーティング剤は窓ガラスコーティングにも使用されているものです。また、私たちが住む家屋を快適にするには様々な専門業者に依頼をする必要があり、頻繁に使用するスイッチの修理を行なってくれる業者などもいます。身の回りには数多くの専門業者がいるのでリフォームする際や不具合があれば、気軽に依頼することが望ましいといえます。