フロアコーティングで綺麗な床にする【ピカピカハウス改革】

床

窓ガラスを変える

室内環境を良くするための歴史と変遷

床

これまで1枚ガラスが主流だった日本の住宅ですが、2枚の合わせガラスが登場した事で、窓ガラスを変える事で室内環境は大きく変化する事が発見されました。熱中症や脱水症状を起こしやすい夏場の暑さも、ヒートショックを起こしやすい冬場の寒さも、窓ガラスを見直す事で改善する事が分かっています。それに誕生したのが内窓であり、既存の窓ガラスの内側にもう1枚窓ガラスを施工する事で、暑さ寒さを遮断する効果があります。また窓ガラスコーティングを利用する事で、見た目は変わらないのに、断熱や遮熱効果が高まり結露防止もあるため、あらゆる問題を改善できます。内窓と同様に窓ガラスコーティングには光熱費のコストダウンも実現できるため、お得な施工となっています。

今後開発が期待されるコーティング技術

地球温暖化の影響で気候変動が起こり、以前にも増して紫外線や赤外線が強くなっており、集中豪雨や超巨大台風も発生しているため、雨による汚れも目立ちます。窓ガラスは毎日変わる屋外の気候から大切な住宅と家族を守っているため、傷みやすくキズができやすい場所でもあります。このような状況から窓ガラスを保護するためには、紫外線や赤外線をカットし、防雨汚性を発揮するコーティングを窓ガラスに施工する必要があります。また近年は中国からの大気汚染も深刻化しているため、PM2.5が侵入しないよう、コーティング技術の向上も期待されています。屋外から室内に侵入する全てのものから、コーティングによって保護する事が求められている時代へと変化しています。