フロアコーティングで綺麗な床にする【ピカピカハウス改革】

床

いつでも依頼が可能

スイッチを修理する為には

作業員

近年、コンセントやスイッチが原因による火災が頻発し、度々ニュースになっています。普段は気にならない箇所ですが、こまめにチェックする事が大切です。スイッチ部に触れると熱い、カバーの変色、ひび割れ等がある場合は危険信号です。そのまま放置せず、修理する必要があるでしょう。スイッチの修理は、電気工事士の免許が必要です。電気工事士の免許を持っているなら自分で修理してみましょう。道具や部品はホームセンター等に行けば揃える事が出来ます。安全に注意して作業を行いましょう。免許を持っていない人は業者に頼む必要があります。自分が住んでいる物件が賃貸物件の場合は、まず管理会社に相談して指示を仰ぐと良いでしょう。場合によっては修理費を管理会社で負担してもらえる事もあります。

交換するだけで得られるメリットとは

スイッチの修理を業者に依頼する場合、どこに依頼したら良いのか分からないという人も多いでしょう。町の電気屋さんや設備屋業者に依頼する事が出来ます。知っている業者があれば依頼してみると良いでしょう。深夜等、早急に対応して欲しい場合、24時間対応している修理業者もあります。スイッチを交換するだけで、多くのメリットが得られます。例えばトイレや浴室等のスイッチを交換する場合、スイッチを見ればオンとオフが確認出来るタイプの物や、設定時間に自動でオフになるタイプ等になる物に変更するだけで、電気の消し忘れを無くす事が出来るでしょう。また、リモコン付きのスイッチに変更すれば、寝室等で寝ながら電気を消すことが出来るので大変便利です。スイッチの修理をする際に検討してみると良いでしょう。